記事一覧

カシオ、バイオマスプラスティックを採用した「プロ トレック」の新モデルを発表

カシオは本格アウトドアウォッチブランドの「プロ トレック」に加わる新作として、初めてバイオマスプラスティックを採用した4モデルを発表した。スーパーコピー時計製造においてCO2排出を抑制する効果があるバイオマスプラスティックを、ケースやストラップ、樹脂の裏蓋に用いており、うち1本は日本自然保護協会とのコラボレーションモデルだ。

地球環境に配慮するエコウォッチ

今回カシオが発表したプロ トレックの新作は、バイオマスプラスティックを時計の外装に使用した4モデルだ。このバイオマスプラスティックは、トウゴマの種やトウモロコシから抽出した成分を含む、再生可能な有機資源由来の物質を原料とし、CO2の排出を抑制するなどの環境への負荷低減につながる素材として注目を集めている素材である。

レギュラーモデルとして展開されるのは、カーキカラーのPRW-61Y-3、オールブラックのPRW-61Y-1B、シルバーカラーのベゼルが際立つPRW-61-1Aの3種類で、バイオマスプラスティックを用いているのは、ケース、ストラップ、樹脂のケースバックだ。

このような有機資源由来の物質を採用したのはカシオとしても初めての試みであり、自然を愛する人のためのウオッチブランドであるプロ トレックにふさわしいモデルに仕上げられた。アウトドアでの実用性に富んだ仕様で、方位、気圧、高度、温度を計測できるトリプルセンサーをはじめ、世界6局の電波を受信する「マルチバンド6」やソーラー充電で各種機能を安定的に駆動させる「タフソーラー」などの機能を備えている。

またデザイン面では、文字盤上の視認性を高めるために時刻や方位などの情報が瞬時に確認できるよう、インデックスの針を太くしているほか、秒針が示す方角を分かりやすくするターゲットガイドを、ストラップの中央に設けている。

そして、日本自然保護協会とのコラボレーションモデル、PRW-51Nも今回登場した。上述のレギュラーモデルと基本的なスペックは共通で、ケースやストラップ、ケースバックにバイオマスプラスティックが採用されている。特筆すべきは、同梱のストラップに、シリーズで初めてペットボトルなどを原料とした再生PET素材を用いていること。このストラップには、同協会が大切にする日本の里山と、そこに生息する生き物をモチーフにしたカモフラージュ柄になっている。

ケースバックには絶滅危惧種の鳥類の1種である「サシバ」をモチーフにしたデザインをあしらっている。ダイアルはネオンイルミネーターが点灯し、緑色に発光する様子は暗闇でホタルが飛んでいる光景を彷彿とさせる。レギュラーモデル同様にトリプルセンサーを搭載し、マルチバンド6、タフソーラーなどの高い実用性も確保している。

加えてカシオは、持続可能な社会を実現するためのSDGsへの取り組みとして、手頃な価格帯のスタンダードウオッチシリーズ「CASIO Collection」のパッケージをプラスティックから再生紙に変更するなど、環境に配慮した取り組みを進めている。同社はこれからも、サステナブルな素材を他のモデルにも展開するなど、循環型社会の実現に貢献してゆく。


【関連記事】:http://jugtoppo.web5.jp/images/diary.cgi

前述したミッドセンチュリーの魅力は、ヴァシュロン・コンスタンタンが1950年代に製造していた4500V/110R-B705に由来している。

現在、ヴァシュロン・コンスタンタンが製造している時計のなかで最も廉価な時計として(そう、41mmのオーヴァーシーズ・クォーツでさえ税込177万6600円と、このモデルよりも高価なのだ)、フィフティーシックスの背負う役割は非常に難しいものだ。ヴァシュロン・コンスタンタンの特徴やおもしろさを表現しなければならない一方で、購買層が期待する要素(自社製ムーブメント、複雑機構、貴金属などが思い浮かぶ)は省く必要があるからだ。

2020年 ヴァシュロン・コンスタンタン新作 オーヴァーシーズ・オートマティック 偽物 4500V/110R-B705

オーヴァーシーズ・オートマティック

ケース径:41mm

ケース厚:11mm

ケース素材:18K(5N)ピンクゴールド

防水性:15気圧(約150m)

ストラップ:18K(5N)ピンクゴールド、ポリッシュとサテン仕上げの半マルタ十字リンク、プッシュボタン式トリプルフォールディングクラスプ、コンフォートアジャスト・システム

2本目の付属ストラップ:ブルーミシシッピ・アリゲーターレザー、ブルーのヌバックにパンチング模様を施したライナー、手縫い、ラージ・スクエア・スケール、18K(5N)ピンクゴールド製バックル

3本目の付属ストラップ:ブルーラバー、18K(5N)ピンクゴールド製バックル

ムーブメント:自動巻き、Cal.5100(自社開発・製造)、約60時間パワーリザーブ、毎時28,800振動 、37石

仕様:時・分・センターセコンドによる秒・日付表示、透明ブルーラッカー文字盤、サーキュラーサテン仕上げ(フランジ部)、白い蛍光塗料を施した18K(5N)ピンクゴールド製インデックス・時針・分針、サファイアクリスタルのシースルーケースバック、磁気から保護する軟鉄製ケース・リング、ねじ込み式リュウズ、ジュネーブ・シール取得

フィフティーシックス・オートマティックは、41mm径のSS製で、シルバーまたはブルーダイヤルに時刻、日付、センターセコンドを表示する。どちらのダイヤルにもマッチしたレザーストラップが付属するが、ブルーダイヤルモデルには30万8000円の追加料金でマルチリンクSSブレスレットを選択することが可能だ(総額で税込176万円)。

前述したミッドセンチュリーの魅力は、ヴァシュロン・コンスタンタンが1950年代に製造していた4500V/110R-B705に由来している。このヴィンテージリファレンスは、ドレッシーな要素とカジュアルな要素を融合させ、万能性とエレガンスを兼ね備えたデイリーウォッチとして、独特の建築学的なラグデザイン、クラシカルで見やすい時刻表示、さらには夜光塗料を使用していた。一方、フィフティーシックス・オートマティックは4500V/110R-B705のマルタ十字のラグにインスピレーションを得たラグ/ケースデザイン、見やすいセクターダイヤルレイアウト、ひとつおきに配置されたバトンマーカーと針への夜光塗料を特徴としている。

現代のフィフティーシックスの特徴は、わずかに左右非対称なケースデザインを採用することで、リューズを埋め込み(ねじ込み式でない)保護する。厚みは11mm(最厚部分)、41m防水であることから、ダイバーズウォッチというよりもドレスウォッチとして身につけることになるだろう。