記事一覧

グランドセイコー×一生もの腕時計3選

世界トップクラスの品質……、日本が誇る高級腕時計ブランドは全て一生もの級
オメガ スーパーコピー
1881年創業の日本を代表する時計メーカー『セイコー』が、世界に挑むために1960年に設立した最上級ラインがグランドセイコー。
世界の有名ブランドにひけをとらない技術力を誇り、一部の時計ファンから圧倒的な支持を得ている。ペアモデルも豊富なため、男女共に認知度が高く、結納返しなどとしてもよく贈られます。

STGF275

エレガンスコレクション STGF275

シンプルでミニマルな実用的なデザインの中に、ほんのりやわらかな光を放つ文字盤が女性らしさも感じさせて。

仕事と正面から向き合う真面目さと、それだけではない大人の余裕を備えたい、そんなアラフォーやアラフィフの気持ちに応えるような一品。丸みのあるしなやかなブレスレットは「長時間つけても快適」と定評あり。

STGK009

エレガンスコレクション STGK009

グランドセイコーが約50年ぶりに新開発した高精度のレディース自動巻きムーブメントを搭載。最高峰の性能ながら日常使いしやすいレギュラーモデル。このモデルはスイスの規格よりさらに高い精度を制定し、卓越した職人の技によって作り上げられています。

STGK006

エレガンスコレクション STGK006

女性のための究極の機械式ウォッチとして発売された最上級モデル。上品で優しい白蝶貝は、斑が少なくピュアな色を求めた結果。

文字盤にはダイヤモンドのブリリアントパターンを彫金加工されています。ストラップのチャコールグレーも秀逸。経年で変化することがないよう、耐光性のチェックなど厳しい基準をクリアしています。

【関連記事】:トプコピレプリカ鑑定マスター

ハミルトン×大人の人気腕時計2選

刻まれたヒストリーとクラフツマンシップに溢れる本格仕様

女性向けの時計のパイオニアであり、憧れのインポートウォッチブランドの君臨する、アメリカ発のハミルトン。
120年以上輝き続ける歴史と繊細なものづくりに裏打ちされた逸品から、ハンサム派とフェミニン派、それぞれに似合う1本をご紹介!

ハミルトン腕時計

レイルロード レディ

普遍的なクラシカル感とクールな凛々しさが融合!
アメリカで鉄道が著しく普及した1900年初頭、高精度な鉄道用懐中時計を開発したハミルトン。その鉄道用懐中時計をルーツとした『レイルロード』は、代表的なシリーズ。今季、ついに女性用のモデルが登場!
直径28mmのフェースは程よい存在感がありキリリとした装いにマッチ。ベゼルに60ピース、ダイヤルに12ピース施されたダイヤモンドがリッチに輝き、ダイヤルのマザーオブパールは、手の動きとともに表情を変える…。
ストラップはトレンドのブルーレザーのほかに、腕になじむ5連ブレスレットもあり。

ハミルトン腕時計2

バグリー

曲線美が際立つエレガントなトノー型のケースが魅力…。
1940年代のアメリカでベストセラーとなり、多くの女性を魅了した『バグリー』。象徴とも言える丸みのあるフォルムや繊細さはくのままに、モダンなシルバーカフーにアップデートされて再び登場。
ステンレススチールの3連ブレスレットは洗練感が漂い、オートトリッチストラップは優しげな表情。ダイヤル中央のキルティング装飾や、ピンクゴールドPVDのインデックス&針も女らしさを高めて。

【関連記事】:Tokei365おすすめの男性へのプレゼントコレクション

グランドセイコー“四季の風景”を表現した新作腕時計

グランドセイコー(Grand Seiko)は、日本の“四季”の印象的な風景から着想を得た新作腕時計「Elegance Collection」を発売。「メカニカルハイビートGMT」モデル2型を2021年5月28日(金)に発売し、「スプリングドライブGMT」2モデルを2021年9月17日(金)に発売する。

“日本の四季”を感じる自然の風景を表現

tote711 届かない

日本ならではの四季折々の自然によって育まれてきた「時の本質は森羅万象とともにある」という自然観や、1年を24等分し、季節による暮らし方や自然の変化を感じ取る節目として表現した「二十四節気」から着想を得た今回の「Elegance Collection」。「二十四節気」の中でも特に四季の変化を強く感じる4つの節気における自然の情景を、ダイヤルに落とし込んでいる。

春分・小暑を表現した「メカニカルハイビートGMT」

「メカニカルハイビートGMT」ウォッチは、寒さを耐え抜いた木々が芽吹き、花を咲かせる「春分」と、梅雨が明け太陽がより一層眩しく輝く「小暑」を表現。「春分」の、深い緑色に彩られたダイヤルには、ひっそりと色づきはじめた山桜をイメージしたGMT針が鮮やかなエッセンスを加える。

一方、「小暑」には“さざ波”を表現した爽やかな水色のダイヤルを採用。躍動感のあるダイヤルデザインが、ムーブメントから聴こえてくる10振動のハイビートと連動してさざめく波音を思わせる。

「メカニカルハイビートGMT」には、GMT機能を付加したハイスペックな10振動ムーブメント「キャリバー9S85」を搭載。秒針を止めることなく時針だけを操作できる仕様となっており、正確な分針・秒針の表示を損うことなく時刻合わせができる。

寒露・冬至を表現した「スプリングドライブGMT」

「スプリングドライブGMT」は、落ち着いた秋の夜長を感じられる「寒露」と、厳しい寒さの本格的な冬の始まりを告げる「冬至」を表現。黒のダイヤルには、鰯雲から覗く月をイメージしたGMT針を配し、シックな雰囲気に仕上げた。

「冬至」では雪原をイメージ。真っ白なダイヤルに、温かな茜色の夕日が差すかのようなピンクゴールドカラーのGMT針があしらわれている。
尚、「スプリングドライブGMT」には、グランドセイコー初の9Rスプリングドライブムーブメントに初めてGMT機能を付加した「キャリバー9R66」が搭載されている。

【関連記事】:1COPYが今最も流行している腕時計やバッグ類をオススメ

ハミルトン×大人の人気腕時計2選

刻まれたヒストリーとクラフツマンシップに溢れる本格仕様

女性向けの時計のパイオニアであり、憧れのインポートウォッチブランドの君臨する、アメリカ発のハミルトン。120年以上輝き続ける歴史と繊細なものづくりに裏打ちされた逸品から、ハンサム派とフェミニン派、それぞれに似合う1本をご紹介!

ハミルトン腕時計

レイルロード レディ

普遍的なクラシカル感とクールな凛々しさが融合!
アメリカで鉄道が著しく普及した1900年初頭、高精度な鉄道用懐中時計を開発したハミルトン。その鉄道用懐中時計をルーツとした『レイルロード』は、代表的なシリーズ。今季、ついに女性用のモデルが登場!
直径28mmのフェースは程よい存在感がありキリリとした装いにマッチ。ベゼルに60ピース、ダイヤルに12ピース施されたダイヤモンドがリッチに輝き、ダイヤルのマザーオブパールは、手の動きとともに表情を変える…。
ストラップはトレンドのブルーレザーのほかに、腕になじむ5連ブレスレットもあり。

ハミルトン腕時計2

バグリー

曲線美が際立つエレガントなトノー型のケースが魅力…。
1940年代のアメリカでベストセラーとなり、多くの女性を魅了した『バグリー』。象徴とも言える丸みのあるフォルムや繊細さはくのままに、モダンなシルバーカフーにアップデートされて再び登場。
ステンレススチールの3連ブレスレットは洗練感が漂い、オートトリッチストラップは優しげな表情。ダイヤル中央のキルティング装飾や、ピンクゴールドPVDのインデックス&針も女らしさを高めて。

【関連記事】:新社会人のためのビジネスバッグ&小物